プラ技研について

株式会社プラ技研は、1977年に「押出機成形装置」の専門メーカーとして大阪市福島区に設立されました。その後、1988年には東京営業所の開設、1995年には自社工場の完成(大阪府吹田市)、2007年には研究棟の完成(自社工場隣に建設)、今日に至るまで拡大・発展を遂げてきました。

会社概要へ

技術へのこだわり

弊社は、メディカル関連装置の設計・製造を主軸に、住宅関連、自動車、食品包装、工業用品関連装置など様々なプラスチック押出機の設計・製造を行っております。

技術へのこだわりへ

プラ技研 10

メディカル 関連

体内に挿入して、検査や治療を行うための柔らかくて細い管である「カテーテル」を製造するための「医療機器製造装置」として、日本国内のみならず海外向けにも多数販売し、国内特許・国際特許も取得しています。
数年前に開発した「MDX-mini」シリーズは、世界最小径の押出機を複数台搭載し、操作性の良さ、および、多種類のカテーテルの生産が可能な点が好評を博しています。

詳細へ

お知らせ